読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Label Sakurazaka.jp

一生懸命頑張っているクリエーターさん、歌い手さんを繋いで、世に出します!

重要なお知らせ

また生きてしまいました。
もう少し、正確に言えば、また死ねませんでした。


重要なお知らせですが、
体調の悪化により、《歌と歌い手さんを世に出そう!》を続けるための精神力が
無いのが現状です。
よって、
悔しいですが、中止せざるを得ない状況になりましたことを深くお詫びいたします。


光が明るく見えてから、ROUTER.FMを通じて、i-tuneに無事配信できてる様です。
良かった。


私的な事ではありますが、
今回、脳に少し障害があるみたいで、聞き取りづらくなってます。
この記事を書くのも、やっとの感じで書いてます。
この《歌と歌い手さんを世に出そう!》は、自分が今の病気になってから、
生きる勇気を歌い手さんの歌から頂いた事と今の自分に子らへ何かを伝えたいという気持ちからはじめました。
確かに、歌い手さんの中には、そんな気持ちで歌ってるんではなく、趣味で歌っているなど色々な感情で歌っているのも分かります。
自分勝手かも知れませんが、聴き手の自分は、生きる勇気を頂いたのも事実です。そんな自分が聴きに行くことが嫌であると思われるのであれば、遠慮無く言って下さって結構です。
次に、
子らへ何かを伝えたいというのは、子らは自分にとって命そのものです。
だからこそ、自分みたいな病気になって欲しくないという言葉を何度も何度も話してます。自分みたくならないことこそ、自分にとって幸せなのです。
また、
若い方に少しでも希望を持って欲しいという気持ちで今回のことをしていたのも付け加えておきます。
そして、
社会に復帰をしようとしている、こんな糞みたいな自分を笑って下さい。


現在、回復までいたっておらず、歌い手さんのとこに聴きにいくにしても、
横になりながらしか聴けないです。更に回復すれば、コメントを打てるかと思います。

 

この様なことになったのは、すべて自分の責任です。
年末は子らが大学の冬休みで帰ってきます。
子らにとって、妻にとって、自分が必要な人間なのかを聞いてみようかと思ってます。

 

今回の企画に協力して頂いた、すべての方に、感謝するとともに、コモンズにUPされたものについては、更によりよいものにして頂ける事を願っています。